TOP Back

アレクサンダー・バクの
黄レンジャーへの道


第一回 「カレーショップ C&C」

記念すべき第一回目になんでC&Cなんだ!!と言う方もおられると思いますが、とりあえずお付き合いくださいまし。
京王線沿線に多いチェーン店らしいのですが、正直言って今年になって始めてその存在を知りました(カレー屋と言ったらCoCo壱しか思いつかなかった)。
会社の先輩が「C&Cのカレーは安くてうまいんだよ!!」の一言を信じて行ってみる事に。
店内はオレンジ系のよくあるタイプ。
早速「チキンカツカレー辛口」を注文する。
ルー(焦げ茶色)、ライス共いたってノーマル。福神漬けを添えて早速食べてみる。
パクリ「・・・」もう一口パクリ「・・・ホントに美味しいのだろうか?」結局判らんまま完食。
物足りない気分のままとぼとぼと帰る。「俺って味音痴なのか?」結構ブルーである・・・
結局次の週リベンジしてみる事に。今度は超シンプルな「ビーフカレー中辛口」を注文。
パクリ「・・・」もう一口パクリ「・・・」リベンジできず・・・
この時から「俺って味音痴なのか?」と言う疑問を解く「カレーへの道」が始まったのでした。                         
アレク評価 
★☆☆


「カレーへの道+α」

プロレスラーのお店と言って必ず出てくるのが「カンちゃん」
そう、あのアンドレの足を折ったキラー・アルバトロス・カンのお店です!!
ここのカレーも美味しいらしい(以前タモリ倶楽部でもやってた)。
しかし、ちゃんこ居酒屋らしいがホントにカレーが有るのだろうか・・・?
歌舞伎町という事で行きずらいし、木村健吾や小林邦明などもよく来るそうなので誰か一緒に行きまっしょい!!

ちゃんこ居酒屋「カンちゃん」 
歌舞伎町2-27-12 新宿リービルU5F

で、結局このカレーは、おすすめなの?  マスターより


 

第二回 「トプカ」

「カレーへの道」本格的な一軒目は淡路町にある「トプカ」である。
入り口にはインド風、欧風カレーというコックの看板が出ている。
その前を通る度に気になっていたのだが、何度も挫折していた店である(ちょっと入りずらい)。
こわごわ(?)入ってみる。カウンターが5、6席、テーブル席が5席程度の大きさで、壁が白、テーブル、イスが木目長で少し古めかしい(雰囲気を出しているのか、ホントに古いのかは定かでない)。
メニューを見るとインド、欧風共5種類位ある。とは言ってもインド風も欧風もよく判らないので、辛い物好きなのでインド風カレーのムルギカリー(骨付きチキン)を注文してみる。
最初にコンソメ(?)スープが出てくる、結構美味い。
そしてすぐにカレーが出てくる(結構早い)。

第一印象は「少なっ!!」。

想像以上に量が少ない。ルーはドロドロしておらず、スープに近い。匂いもスパイシーでいい匂いがする。「インド風カレーってこんな感じなんだ〜」と思いつつ食べてみる事に。
パクリ「辛美味!!」結構辛いのだが、旨味がある。パクッ、パクッ、パクッかなり進む。
しかし、半分位食べた頃、急激に汗が吹き出てきた。
追い討ちで鼻水もズルズルと出てくる。段々辛くなってくる。普段辛口を食べても水を殆ど飲まないのに、水をガブガブ飲む。唇もヒリヒリしだし、最後はコンソメスープを飲むのさえ辛い。
急いで店から出て自販機でジュースを買いガブ飲みする。
5分経ってもまだ汗と鼻水がでる。おまけに胃の辺りが熱くなり、段々キリキリしだす。量が少なくて良かった〜と、この時思いました。
この後かなりの間インドカレーを食べれなかったのは言うまでも無い(今思うとシシ唐を食ってしまったのかも)・・・

アレク評価(美味いので) ★★★

「トプカ」千代田区神田須田町1-11


「カレーへの道+α」
よく考えたら、全日本女子プロレスがカレー屋をやっていたはず(確かSUN族とか言う名前)。はっきり言って、女子プロには興味が無いので完全に忘れてました。結構美味いらしい。そして最近納見佳容という選手が、アイドルレスラー(今でもそうなのか知らない)なのにカレー早食いが得意らしい・・・


やっと、レポートらしくなってきましたね。今度はもう少し、笑いも織り交ぜてください。
かとじんも納見佳容って、知ってるよ。脇澤美穂とダッグ組んで、ミホカヨとか言ってた。
日曜の深夜たまに、テレビで女子プロやってるよね。   かとじん


いかがでしたか、このコーナー。
このコーナーに関しては、アレクのレポートをそのまま掲載しております。
(かとじんによる脚色は一切ありません)
みなさまのご意見お待ちしております。