TOP

第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回

「第3回 グリーンピアなかがわ第2リフト」

屈曲シリーズ第2弾は、グリーンピアなかがわ第2リフトだ!
第1回で紹介した、サンビレッジ茜の立体交差式よりインパクトは弱いのだが、これもまた変な索道なので紹介します。
このリフトも、途中の中間部で、曲がる屈曲リフト。でも、曲がるのは上り線のみで、下り線は直線。
いわゆる、三角形屈曲リフトなのです。
場所は九州の福岡県筑紫郡にある、グリーンピアなかがわスキー場。ここもまた人工芝のグラススキー場。
第1回のサンビレッジ茜といい、九州はへんなリフトの宝庫なのであろうか?

傾斜長は約290m、中間部で20度程度の屈曲をする。
メーカーは搬器を見れば、通の方ならおわかりのとおり、日本ケーブル社製です。

線路全景

上り線は曲がるが、下り線は一直線。
もちろん、下りは乗れません。でも、乗ってみたい、搬器下は相当高くて、スリル満点!

下り線は乗客が乗らないことを前提に設計されているためか、上り線に比べ下り線側の支柱間隔はすごく広い。

中間屈曲部

この地点で折れ曲がる。

中間屈曲装置に接近

サンビレッジ茜に比べると、シンプルな屈曲装置。
同じ屈曲でもこの方式のほうが、ロープや機械への負担は軽減すると思うが、私的には、なーんかつまんない。
九州大和の大胆さを見習ってほしい。

搬器のガイドレールがポイントかなあ?


TOP

第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回